正しい使用方法

顔を洗う女性

洗顔石鹼の正しい使用方法とは

肌に優しい洗顔石鹸の使用法はまず洗顔石鹸は泡立ちにくいものもあるので、しっかりと泡立ててから洗いましょう。そして顔を洗顔する前に手についている雑菌などが顔に移らないように、まずは手から綺麗にしましょう。次にぬるま湯で洗う事により毛穴を開かせやすくし、汚れを落としやすくしてあげます。顔を濡らさずに洗うと、摩擦が起きやすくなり肌への刺激が強くなります。ポイントとしては、ぬるま湯は体温より少し低い35度くらいがおすすめです。皮脂は温度が高いほど溶け出す性質があります。ただ、高すぎると皮脂が落ちすぎて逆に乾燥の原因になる場合もあるので注意しましょう。そして泡立てネットなどを湿らせ、固形石鹸をネットに入れます。その後、ぬるま湯を少量かけ、こすって良く泡立てます。洗顔は皮脂の多い「Tゾーン」から洗います。額に泡を付け、徐々に広げながらこめかみ部分に移します。そして、黒ずみになりやすい鼻は泡をクルクルと指でマッサージするように洗います。次に頬を洗います。頬はTゾーンほど皮脂は出ていないので、泡を乗せるイメージで優しく洗います。最後に「目」や「口」などデリケートゾーンを洗います。目や口は他の箇所に比べて皮膚が薄いので、乗せるだけにして、ほとんどこすらないようにしましょう。洗い流し方ですが、洗面器にぬるま湯を貯め、動かさずに手の平を顔に近づけて、ぬるま湯を”付ける”という感覚で30回はすすぎましょう。特に、「あご」「こめかみ」「髪の生え際」は泡が残りやすいので良く落としてください。最後に清潔なタオルを顔に当てて、吸収させるようにして顔の水気を取り除きます。タオルは指よりも摩擦が起きやすいので、こすらないように要注意です。ちなみに洗顔石鹸の保存方法ですが、石鹸を雑に保存していると雑菌がついたり、ベタベタしたりして、使う時に気持ちが悪いだけでなく、肌荒れの原因になったりもするので保存には気を配りましょう。一般的に浴室にそのまま置いて保存していると、湿気で雑菌が繁殖しやすくなっており衛生面的にも良くない状態です。風通しの良い湿気の少ない場所で保存するのが良いですね。